Event is FINISHED

UX Tokyo Jam 2014

Breaking New Ground of UX in Tokyo
Description

チケットは完売致しました。当イベントにつきましては、増席の予定はございません。また、キャンセル待ちも受け付けておりませんので、ご了承ください。

開催趣意

UXという言葉が急速に拡大し始めて、早数年が経ちました。「UX戦略」という言葉にも代表されるように、UXは新しいフェーズに突入しようとしています。だからこそ今、「UX」を捉えなおす必要があります。
そのための対話の場を、僭越ながら、私たちUX Tokyoで用意させていただきました。

次代のより良いデジタルインフラの構築のために、私たちで「UX」の新しい土台を作りましょう。「UX」が、ただ消耗され、使い古されるだけの言葉にならないように。

新しい「UX」の幕開けを、日本から。

プログラム

・概要

[12時45分 ~ 13時15分] 受付

[13時20分 ~ 13時30分] 挨拶(UX Tokyo)

[13時30分 ~ 14時15分] オープニングキーノート

[14時15分 ~ 18時00分] パラレルセッション

[18時15分 ~ 19時00分] クロージングキーノート

[19時00分 ~ 21時00分] 懇親会


・セッション詳細

・オープニングキーノート
前田 俊幸 (ユーザーリサーチャー / UX Tokyo 主宰)

・セッションA-1
【Empathy in UX Design】
村越 悟 (グリー株式会社 UXデザイナー)
水野 太 (UXデザイナー / インフォメーションアーキテクト)
モデレーター:坂田 一倫 (株式会社コンセント ユーザーエクスペリエンスアーキテクト)

・セッションB-1
【UXデザインのためのマテリアリズム】
江口 晋太朗 (編集者 / ジャーナリスト)
山本 郁也 (BEENOS 戦略ディレクター)

・セッションA-2
【Experience Design Out of Screen:これからのエクスペリンスデザイナーの生きる道】
児玉 哲彦 (株式会社アトモスデザイン 代表 / デザイナー)

・セッションB-2
【UX StudyとしてのFeasibility Study】
新明 智 (株式会社ココナラ 取締役)

・セッションA-3
【UXから「生きたUX」へー論から「実践UX」へSHIFTしよう】
大隈 広郷 (デザイン思考研究所☆FUTURES PLACE 代表)

・セッションB-3
【UX戦略を考えるための本質的ユーザー理解】
井登 友一 (株式会社インフォバーン 取締役 京都支社長)

・クロージングキーノート
長谷川 敦士 (株式会社コンセント 代表 / インフォメーションアーキテクト)

※ 本イベントはパラレルセッションで行われます。詳細はUX Tokyoのホームページをご確認ください。

・公式ハッシュタグ

#UXTokyo


注意事項

・本イベントはパラレルセッションで行われます。各セッションの前後に移動時間を設けておりますので、各自でお好きなセッションをお選びの上、ご参加ください。(席数に限りがございますので、ご希望に沿えず、移動していただく可能性がございます。予めご了承ください。
・チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
・講演・イベントの無断録画・録音はご遠慮ください。


運営者について

・主催

UX Tokyo ( Twitter )

・後援

グリー株式会社

・スペシャルサポーター

OFFICE DE YASAI



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-07-13 06:04:46
More updates
Sat Jul 26, 2014
12:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
グリー株式会社 9F
Tickets
参加チケット(懇親会含む) ¥2,000

On sale until Jul 10, 2014, 12:30:00 PM

Venue Address
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー Japan
Organizer
Fumiya Yamamoto
136 Followers
Attendees
120 / 120